Bits for Mamas Daily Narabits

子連れでビジネスクラス!2児ママの長時間フライトの乗切り方

投稿日:2020年1月14日 更新日:

3人目の出産予定日が4月なので、今年は日本に帰れそうにありません(涙)なんせ小さい子連れのフライトは、気力も体力も相当奪われるから。

そこで今回は私が乗り切ってきたフライトでの子供達との過ごし方を紹介しようと思います。

私たちの場合、航空会社は毎回、旦那の勤務先でもあるSWISS International Airlines (スイス航空)を利用します。そして旦那に感謝の、ビジネスクラス

今の所、直航便が東京(成田)しか出ていないので
成田着➡︎東京駅へ移動➡︎新幹線で新大阪
の道のりを移動します。

毎年1〜2回のペースで帰国する常連組ですが、出発前は相変わらず緊張します。どちらかというと、子供が新生児の時の方が乗り切りやすかった。

なぜなら赤ちゃんの1日は、ほぼおっぱい(ミルク)とネンネで終わるから。

だけど幼児、特に自我が芽生え、言葉を完全に理解できない1歳〜3歳は強敵です。

やんちゃ盛りの子供達が、いつ鬼と化し周りに迷惑をかけてしまうか、毎度不安でいっぱいです。外ならまだしも、せまい飛行機の中には逃げ場がないのですから。

特にビジネスクラスは子連れで乗った瞬間、鋭い視線を感じます(恐怖)。

せっかく日本に帰るんだから、出来るだけ長い間滞在したいのが本音。でも旦那が一回でとれる休暇は2週間ほど。なので私と子供達だけ少しでも長く滞在するため、片道は必ず私一人で子供達2人を連れて11時間50分フライトを乗り切ります。

<子連れフライトの難点>

  • 耳抜き(抜き方を知らない×耳が痛くなったら大泣き)
  • 離陸時、子供を席に座らせる×シートベルトを外させない
  • 機内食(気に入らない場合が多い)
  • トイレ(一人で席で待てない×幼児を連れては狭すぎる)
  • ほとんど寝れない(子供が寝てくれないから)
  • 席に留まらせる×静かにさせる(幼児には不可能に近い)

4歳になった娘は割と聞き分けが良く、あまり手がかからなくなったのですが、問題は魔の2歳児(息子)。

普段から気に入らない事があると大泣きする彼。一度泣き出すと彼自身が落ち着くまで何を言っても通用しません。つまり泣き出すと、なすすべなし。泣き止むまでとりあえず待つしかない。なので事前準備はやり過ぎても足りないくらい。

フライト前に私が必ず準備する事

  1. 『飛行機の中ではねんねしたい人も居るから静かにしないとダメだよ。』と事前に繰り返し子供達に言い聞かせる
  2. 飛行機搭乗時間にもよるが、なるべくフライト前は、お昼寝をさせない(飛行機で寝てくれる事を祈って)
  3. おやつを大量に常備。干マンゴー、干しリンゴやボーロなど。飴ちゃんは必須、でも離着陸時にしか渡さない(耳抜きの為)
  4. 機内食を嫌がった時様に、おにぎりやパンなどの軽食の常備
  5. 絵本、お絵描きの道具、お気に入りのおもちゃをそれぞれのリュックに準備(兄弟がいる場合取り合いにならない様、同じものを入れると◎)

そしていざ、長時間フライトへ。

離陸後、用意していたチュッパチャプス(棒付きの飴)を子供達に渡し、見事に耳抜き成功。この時、早く渡しぎると耳抜きの前に嚙み砕く恐れがあるので、タイミングを見て(自分の耳に圧力がかかってきたころ)渡しています

機内食は気に入らない場合がほとんどなので、おにぎりを持参する事もありますが、幸いビジネスクラスでは数種類のパンを配ってくれるので、子供達はそれを食べる事が多いです。

そして肝心な睡眠!
私が唯一仮眠を取れる時間は、息子が寝ているスキ。前回も離陸約4時間後、お昼寝をさせていなかったので、かなり眠たい仕草を見せた彼。

今しかない!そう思いました。

まずは息子のオムツを変え、娘のトイレを済ませ、娘に良く言い聞かせました。
『ママ今から弟君ネンネするから、テレビおしまいしたらお絵描きしたりネンネしたりして、弟君おっきするまでは静かにしててね。トイレの時は我慢しないでね*』そう言い聞かせました・・・

準備は完璧なハズでした。

15分後、私の腕の中で眠りについた息子の隣でウトウトしてた時、
誰かが肩をトントントン・・・・

ん??

娘『ママ・・う○ち』
私『😱😱😱』

確かに、私・・・言いました。(*上記参照)
だけど…今!?
心の声が漏れると同時に、弟君も目覚めました。

彼女は悪くない切実に言いつけを守っただけ・・・

最初で最後の睡眠時間約15分。チーン

毎回同じパターンなのが、着陸態勢に入る20分前には起こさないといけないのに、2人とも着陸約1時間ほど前のお食事の時間に寝だします。

私もその時に多少寝るチャンスはあるのですが…お食事を逃したくないという強欲さが(照)

着陸態勢に入ると、座席を元に戻してシートベルトを締めさせないといけないので、子供達を起こさないといけません。その時機嫌をなるべく損ねない様に*陰ながらながら努力します。

*『お水飲む?』『何か食べる?』『もうすぐ着くよ!』などひたすら声をかけて気を紛らわせる。着陸態勢に入った時起きている場合は、チュパチャップス(耳抜き)をあげる。

そうして、睡眠以外は二人とも毎回良い子に長距離フライトを乗り切ってくれます。鋭い視線を送っていた周りの乗客の方達にも、

『すごく大人しかったね』『よく頑張ったね』『全然泣かないのね』と褒めていただきます。(感無量)ご理解ありがとうございます。

その後新幹線に乗り換え(疲労)大阪へ。合計17時間弱の長距離移動を経て、大阪の実家まで帰っています。

実家に着くのはだいたい13時頃。なるべく時差ぼけにならないように、すぐに家族でお昼寝。ここでずっと眠っていたいくらいの眠気を押しこらえ、2時間ほどで起床。それでもやはり、数日の間は時差ぼけで早朝4〜5時頃に目覚めてしまいます。

せっかくの旅行、時差ぼけには負けていられませんよね。みなさんのご旅行も問題なく、楽しいものになりますように!

そして・・・

ご存知の方もいるかもしれませんが、関西方面お住まいで、SWISSをご利用のお客様にビッグニュース

2020年3月2日より関西=チューリッヒ線 運行開始!
以下参照:スイス・インターナショナル・エアラインズ

これで来年からはすごく帰りやすくなりますね。

Share this:

-Bits for Mamas, Daily Narabits

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マルチンガルはこうしてなる!国際結婚、子供達の言語の習得方法

こんにちは 2020年あけましておめでとうございます!今年の目標はもうお決まりですか?私も目標に向かって1歩を歩み出したところです。 さて今回の記事は、育児をする中、よく頂く質問の中で『子供達の言語は …

イライラが止まらない!妊婦の不安・ストレス、胎児への影響は?

私もそうですが、赤ちゃんを待ち望んでいた女性にとって、妊娠はすごく幸せな事ですよね。だけど、いつでもハッピーな気持ちでいれるわけではありません。 妊娠すると女性はイライラしやすくなるって知っていますか …

女性なら誰しも持っているお肌トラブル

皆さんはご自身のお肌で気になるところはありますか?私は現在3人目の子供を妊娠中で、増えるシミにすごく嫌気がさしてます。 妊娠中はシミができやすいと言われていますが、その原因は、妊娠状態を維持するための …

寝つきが良くなる!夜通し寝てくれる!ねんねトレーニング(娘編)

ねんねトレーニングって知ってますか? 赤ちゃんの寝つきが悪い!夜泣きがひどい!夜中何度も起きる!といった赤ちゃんの寝かしつけに悩むママ達はたくさんいます。眠かったら寝れば良い、簡単な事なのに・・・赤ち …

睡眠不足解消!2児ママが実践した断乳、おしゃぶり卒業方法

夜中なんども起きる。夜泣きがひどいなど、赤ちゃんが夜寝てくれない事せいで睡眠不足に悩むママ達はたくさんいます。 赤ちゃんが夜に寝ない原因は何だと思いますか?生活習慣、ストレス、生活リズム、色んな原因が …