女性に嬉しい栄養素たっぷり!チアシードの効果・効能のご紹介

メディアなどでもよく取り上げられる健康食品『チアシード』

「なんとなく健康だということは知っている」という方も多いのではないでしょうか?海外でも注目を浴びているチアシードですが、実際どんな効果・効能があるのかご紹介します。

『チアシード』は、シソ科植物の植物で、水分を含むとぷるぷるのゼリー状になる食材です。そして低カロリーな上に、栄養素が豊富に含まれています。

< チアシード大さじ約2杯に含まれる栄養素>
  • カロリー 138kcl
  • 繊維 11g
  • 脂質 9g
  • たんぱく質 5g
  • 1日に必要なカルシウム量の約18%
  • 1日に必要な鉄分の約12%
  • 1日に必要なマグネシウム量の約30%

チアシードの効果・効能

  • デトックス・ダイエット効果
    チアシードは少量でも、豊富な食物繊維が含まれています。食物繊維は、消化器系の健康を支え、腸内環境を整えてくれるので便秘解消につながり、デトックス効果を期待できます。

    また水分に浸すことで8〜10倍に膨らみゼリー状になります。このときにできるゼリー状の物質は「グルコマンナン」という水溶性食物繊維で、こんにゃくに含まれている成分と同じものです。グルコマンナンは、満腹感を維持し食欲を抑え、糖やコレステロールの吸収を抑える働きがあることからダエット効果も期待できます。

  • 美肌・老化防止
    チアシードに含まれる、α-リノレン酸は、皮膚や粘膜の機能を強化し、女性ホルモンのバランスを整える効果があります。皮膚の機能が強化されることで、肌代謝が良くなり、不要な老廃物の排出がスムーズになることから肌荒れの改善やくすみの解消にも繋がります。

    また、女性ホルモンが整えられることで、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を活発にし、細胞の老化を防ぎ美肌を保つ効果が期待できます。

  • 健康維持
    チアシードには、ポリフェノールなどの抗酸化物質も多く含まれていて、老化やガンの原因となる血液中の過剰な活性酸素から体を守る効果があります。

    また、チアシードにはオメガ3脂肪酸のひとつであるα-リノレン酸が豊富に含まれており、血中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、血管状態を改善し、動脈硬化や心筋梗塞、生活習慣病の予防に効果的だと言われています。

<注意点>
チアシードは水に戻さずそのまま食べてしまうと発芽毒という体に悪い成分を摂取することになり代謝の妨げになります。チアシードで得られる栄養素の中でもとても効果的なオメガ3は熱に弱く、熱が加わると酸化してしまうので、熱を加えないことをおすすめします。そして健康食だからといって、過剰摂取はしないように気を付けましょう。

おすすめレシピ紹介

Share this: