朝まで一人で寝てくれるようになる!寝ぐずり2歳児のねんねトレーニング(息子編)


息子(2歳)の睡眠事情

  • 添い寝と私のお肌をスリスリ触りながら眠りにつく癖があった
  • 夜中に何度も目覚め、私の肌を触りながらまた眠りについていた
  • 夜通し眠った事が一度もなかった

寝る環境

息子が半年の時から1歳をすぎるまでは、娘と二人子供部屋で寝かせていたのですが、夜中に何度も起きる息子に、結局私も小さい子供用ベットで朝まで一緒に寝落ちする日々が続いていました。ろくに眠れない上、狭いベッドで眠るせいで、肩越しに加え首まで痛める始末。

結果的に息子が一歳半くらいの時、私達のベットで寝かせることにした所、娘も1人で寝るのを嫌がり、仕方なく家族ベッドを作り、家族4人で寝ていました。

しかし、もうすぐ3人目も産まれるので、この機会にお部屋を模様替え。子供部屋に、また子供達のベットを戻しました。

部屋の新しい変化に子供達も大はしゃぎ。娘が子供部屋で寝る!と言い、息子もお姉ちゃんと2人で寝ると言いだしました。環境が変わったこの機会を利用して息子の添寝と、お肌スリスリ癖を卒業させようと決意しました。

2歳を過ぎてからグンと上がった息子の言語力。実は模様替えの数日前から一応、『2人のベッドが出来たらもうママとのネンネはお終いにしようね?』と言い聞かせていました。


息子のネンネトレーニング

ねんねトレーニングには過去の記事で紹介した以下の3つの方法があります。

  1. 夜に子どもをベッドに寝かせたら、泣いても翌朝まで全く反応しない方法
  2. 泣いたらあやしに入るが、部屋に入る時間の間隔を徐々に広げていく方法
  3. 部屋にいながらあやすが、徐々に子供との距離を広げ、最終的に部屋を出て行くという方法

子供によって合うねんねトレーニング方法は異なります。因みに娘は2番の方法で実践しました。

寝つきが良くなる!夜通し寝てくれる!
ねんねトレーニング(娘編)

<息子には、3番の方法を選択>

1日目

ベッドに連れて行く前から『今日からママとネンネしないよ?お姉ちゃんと2人でこのお部屋でネンネしてね。ママのお手手も今日からないよ?』と伝えたところ『うん!1人でネンネ!』と言う息子。

8時すぎにいつものルーティーン(お風呂、歯磨き、絵本)ベッドに入り、横になった時までは上機嫌で、1人で寝る気満々でした。

しかし・・・・

電気を消して、じゃあネンネしてね。ママまた来るからね、と言いうと、クスンクスン(涙)『ママ、ココ』と隣に添寝する事を催促する息子。

本当は私の肌をスリスリしながら眠りにつく息子が可愛くて可愛くて仕方なかった。そんな甘えん坊の息子が大好きだった。心が折れそうになったけど、ここで言う事を聞いてしまったら、息子を混乱させるだけ。心を鬼にし・・・

『このベッドはママには小さすぎるからね、今日から一人でネンネするよ。大丈夫、ママ隣に座ってるから、頑張ろうね』と言う私に、泣いては少し泣き止んで眠りにつこうと試みるも、また思い出したかのように泣きだして、また寝ようと試みる、を40分ほど繰り返す息子。

その間、私も何度も心が折れそうになって今までの思い出に、涙も溢れてきたけど頑張る息子の為、必死で心を鬼にしました。すると、諦めたのか、ようやく泣き止み、寝ようとするのですが中々寝付けず、その後50分近く何度も寝返りながら、9時半過ぎにようやく眠りにつきました。

夜中の12時前
いつも通りのえーんの声が…(ノД`)・゜部屋に入るとすぐ泣き止み、いつもなら私の肌をスリスリしながら再度眠りにつくトコロを『大丈夫だよ。ママ居るからね、ねんねしようねー』と声をかけると、数分グズりはしたものの、お肌のスリスリ無しで再び眠りにつく。

朝方4時頃
再びえーん(ノД`)・゜先程と同様、お肌のスリスリは我慢できましたが、20分ほどグズグズした後また眠りにつく。

朝方6時
再びえーん(ノД`)・゜声をかけると10分ほどで再び眠りにつき、そして朝7時半起床。

朝起きた時は、しっかり抱きしめ、『えらかったねー!一人でねんねできたねー!すごいねー!』と大げさに褒めてあげました。息子も自慢げに『一人でねんねした!』と言っていました。

2日目

この日は夕方から、『今日もねんねはちゃんと弟君のベットでするんだよー?昨日も上手にできたから、今日も頑張ろうねー』と言うと頷いてはいたものの、いざ寝かせに部屋に入ると・・・

『ヤダ。ここヤダ。ママとあっちのベットでネンネする』と言い出し、焦る私(◎_◎;)『あっちのベットはもうみんなでネンネできないからね、ここでネンネしようね。ママちゃんと隣に座ってるから』と言ってベットに寝かせると、

『ヤダ〜ヤダ〜えーん(ノД`)・゜』今回は結構激しく泣いていたので、諦めそうにもなりましたが、ベットをまた動かすのも大変だし・・・息子は基本、気に入らない事があると10分〜15分、何をしても泣き続け、手に負えない性格なので、とりあえず『大丈夫だよ。ママちゃんとここに居るよ。』(多分聞こえてないけど)と語り続けながら様子をみました。

案の定15分足らずで泣き止み、そのまま眠りにつきました。1日目の寝かしつけに1時間半もかかったので、かなりの進展を感じました。

午前2時半
いつものえーん(ノД`)・゜

普段は12時前には一度あったのが、少し伸びました。ただ、この日は思い出したかの様に、私の腕を催促。『お手手は届かないよー。大丈夫、ママここに居るから』と伝えたものの、この日は諦めがつかなかった模様。40分ほどグズった後、ようやく眠りにつく。

午前6時
再びえーん(ノД`)・゜この時も私の肌を欲しがり泣き出し、声をかけ続ける事30分。再び眠りにつき、最終的に午前7時半に起床。

この日も起きてから『昨日はいっぱい泣いちゃったけど、ちゃんと朝までねんねできたねー!すごいね!偉かったねー』と大げさに褒めました。

2日連続、かなりの寝不足が続いて、日中はすごく疲れる。ネンネトレーニングを決意した時、数日間の寝不足は覚悟し、息子の泣く姿も想像していたものの、ツライ!色んな意味で辛いです。

だけど、息子が産まれてから母子共に夜通し眠れた事がない。もうこの慢性的な睡眠不足を改善せねば未来はなかったんです!(切実)

3日目

この日も寝かしつける前から『今日もがんばろうねー』と言ったところ少し嫌そうにはしたものの、泣く事なくベットに入り娘と同様30秒ルール後、隣に座っているだけで泣く事もなく眠ってくれました

でもこの日は夜中に5〜6回呼ばれる。腕を催促される事はなく、すぐに眠りにつき、最終的に朝7時起床したものの、今度は私が隣に座っていないと不安で寝付けない様子

4日目

なんと今日は保育園から帰るなり、自分のベットを指差し『ここは弟君のネンネ』、私たちのベットを指差し『ママはここネンネ』と言ってきました。やっと理解してきた模様(感動)

夜ベットに横になり、30を数えてと自分から催促。数え終わりまでかなりスムーズにいったので『おやすみね、ママあっちでお仕事していい?』と聞くと少し泣きそうになったので、『じゃあちょっとだけここにいるね』と言うと2分かからず、すんなり就寝。

そして夜中に1度だけ目覚めましたが、ママここにいるよーという一言で、またすぐに眠りにつき朝7時前起床。

5日目

4日目と全く同じで、泣くことはなく、夜中に1度だけ目覚め、またすぐ寝むりにつき、朝7時起床。

お肌をさする癖はなくなりつつあるけど、やはりまだ夜中に呼ばれるので、トレーニングは続行。次のステップでママが隣に居なくても眠りにつけるように、ベットの隣ではなく、少し離れたドアの所まで移動してみることに。

6日目

この日から30秒ルール後
私:『ママはドアの所に立ってるからね』と伝えると
息子:『ママ、ここに座っててね』と可愛く言う息子💓だけど、ここでこの可愛さに流されてはいけない!と、心を鬼にして、
私:『ママここ冷たくて寒いから、ドアの前の椅子に座ってるからね。』ともう一度伝え、ドアまで移動。1分ほどクスンクスンと泣きそうになっていましたが『大丈夫だよー、ママここだよー』と声をかけ続けると、そのまま泣かずに就寝。

そして、なんと!

6日目にしてようやく・・・・

夜中に目覚める事なく、朝まで眠ってくれました!(感激)でも午前6時前に起床(早!週末なのに)

それにしても、長かったような短かったような。夜通し寝れるってこんな清々しいことだったんですね。太陽がまぶしっ!(実際はめっちゃ暗かったけど。”スイスの冬の日の出はかなり遅い”)

これで成功か?とも思ったけど・・・・

7日目

この日は、夜に旦那の実家でお食事会。月に2〜3度はこうして旦那の実家、もしくは我が家で一緒にご飯を食べるのですが、いつも夜遅くなります。もちろんこの日もしっかり昼寝をさせ、夜10時半ごろ帰宅。

いつも息子は帰りの車の中で寝しまうのですが、抱きかかえると起きて、ベットに寝かすといつもならお肌スリスリ添い寝をしないと眠れてなかったのが、この日はベットに寝かせると、すぐに一人で眠りにつきました。そして、夜中起きる事なく朝7時起床

やっぱりこれで、ねんねトレーニング完了かも!

と、感極まったものの・・・

8日目

この日はいつもとなんら変わりない1日で、寝かしつけも30秒ルール後、ドアの所まで移動し、見守っているとすんなり就寝。

しかし・・・・

この日はなぜが4、5回夜中にえーん(ノД`)・゜振り出しに戻ったかのようでした。ただ、この日息子は風邪を引いてしまっていて、鼻づまりと咳、体調の悪さが影響している・・・

と、思いたい。

⚠️悪魔でイメージです

9日目

この日も寝かしつけはスムーズにいったものの、やはり夜中に2、3度起きてはえーん(ノД`)・゜そして朝も6時に起床(早すぎる)まだ体調が悪いせいだ・・・

と、願いたい。

10日目

この日は30秒ルール後『ママ、ドアの前でお仕事してるからね』とドアを開けっ放しにし、もう少し距離をあけて、部屋の外の椅子に座っていましたが、泣く事もなく、あっさり就寝。風邪が少し回復してきているおかげか、この日は夜中に1度だけ目覚め、またすぐに就寝。朝6時半起床

正直隣で添い寝していた時は、息子が何度目覚めても、自分も寝たまま対処できたので楽だった気もする。けど、いつも息子を両腕で抱きかかえるようにして腕枕をし、私の腕をスリスリ触りながらまた眠りについていたので、寝返りもうてず、同じ体制でいるのがすごくしんどかった

そして今日は11日目・・・風邪もだいぶ良くなってきたので、朝までぐっすり眠ってくれる事を祈いました。

11日目〜14日目

この4日間は30秒ルール後、私が部屋から出ても泣く事なく一人で寝付けるように!

ただ、午前1時〜3時の間に1度だけ呼ばれてましたが、部屋に入り『大丈夫だよ。ネンネしようね〜』と声をかけ、部屋を出るとまたすぐ眠りにつき、午前6時ごろまで寝てくれていました。

そして目覚めると、同じ部屋で寝ている姉を起こし(起こさなくていいのに)
『ママの部屋に一緒に行きたい』と泣き脅し、二人で私たちのベットまで来る。
というのがここ最近の朝のルーティーンになっています。

15日目~今まで

いつも通り30秒ルール後『おやすみ』と声をかけて部屋を出ると、ちゃんとお姉ちゃんと2人で就寝。

ねんねトレーニング終了後から数ヶ月たった今まで、夜中に呼ばれたことは1度もありません。そう、朝お姉ちゃんと私たちのベットに来るまで夜通し寝てくれるようになったんです!私にもようやく朝まで眠れる日々がきました!(ただ最近は妊娠後期に入り寝苦しくて寝不足。涙)

<成功までにかかった期間・結果>

娘は約1週間かかったねんねトレーニング。息子は約2週間かかりました。添い寝で30〜40分くらいかかっていた寝かしつけが、一人で眠りにつけるようになって5分になり、夜通し寝てくれるようになった

正直、3日・4日過ぎてくると、
『まだ寝てくれるようにならない・・』
『これ本当に寝てくれるようになるの?』
と不安になってきますよね。私も、諦めた方が楽なんじゃ・・・と思ったりもしましたが、今は諦めなくて良かったと思えます!友達の息子さんは1ヶ月近くかかったそうですが、最終的に成功しています。なかなか成功しない!!と諦めず、お子さんに合わせてゆっくり挑戦してみてください。

Share this: