Daily Narabits Narabits Beauty Narabits Health

美容に良いだけじゃない!薬よりもお勧め!免疫力を高める抹茶の効能

投稿日:2020年1月24日 更新日:

子供達の風邪がうつってしまい、3人目も妊娠8ヶ月に入ろうとしている今、薬も飲めないうえに休めないので辛い日々を過ごしています(涙)

みなさんは風邪を引くと病院へ行って処方してもらいますか?
それとも市販の風邪薬に頼っていますか?薬を飲むと、症状が和らいで楽になりますよね。

だけど実際それは、咳や鼻水などの風邪症状を抑えているだけで、風邪を根本的に治す力はありません。それどころか自然治癒の働きを妨げてしまい、余計風邪が長引く恐れもあります。これは医療医師も承認している事実です。

ここスイスの病院では、高熱(38.5度以上)でない限り、子供達にも特別な処方をする事はありません。むしろ高熱が3日以上続く場合にのみ病院に連れて行き、それ以外は自宅で水分をたくさんとりながら、休養するように言われます。

日本で育った私にとって、最初はなかなか慣れる事ができず、子供達が風邪を引いた時、熱はなくても咳や鼻水が何日も続くと心配になり病院に連れて行ったりもしましたが、『いたって健康。こんな状態の子供を病院に連れてくる必要はない。』診察拒否された事もあるくらいです。

実際のところ、咳や鼻水、熱、嘔吐などの風邪症状は、身体が病原体を身体の外に出そうとする働きの現れであって、その症状を薬で無理に止めてしまうのは逆に病原体を身体に止まらせる原因にもなり、身体に負担をかけたり副作用が出たりと逆効果になる事もあります。

だからと言って、何もしないのも辛いですよね。「風邪の特効薬は休養をとる事!」と言われても、仕事や用事など休めない事情もありますよね。週末すらないママ達にとっては休みなんて取る暇もない。

そんな時に薬よりお勧めなのが『抹茶』なんです。

元々風邪の時はお茶を飲むと良いと言われていますが、その中でも特に抹茶は栄養素が豊富で、身体に良い色んな効果・効能があるので、今回は抹茶の健康要素をご紹介します。


お茶としてだけでなく、スイーツや料理、ラテやケーキなど、日本では馴染み多く人気の高い抹茶ですが、近年では、海外でも抹茶を取り扱うお店が増え、その栄養素に注目して「スーパーフード」と呼ばれているほどです。

もちろんみなさんご存知の緑茶も身体に良い栄養分がたくさん含まれているのですが、抹茶は茶葉に含まれる栄養素をそのままとれるため、より効能を感じやすいんです。

<『抹茶』に含まれる豊富な栄養素>

タンパク質、炭水化物、食物繊維、脂質、ビタミン、ミネラル、カテキン、アミノ酸(テアニン)、カフェイン、サポニン、βカロチン(ビタミンA)、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、葉酸、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシム、リン、鉄、亜鉛、銅

<抹茶の効果・効能>

  • 抹茶で肥満予防

抹茶に含まれるカテキンはポリフェノールの1種で、抗酸化作用や血糖値の上昇を抑える作用がある成分です。カテキンを含む食品はたくさんありますが、特に茶葉をそのまま飲める抹茶には、カテキンが緑茶の約2倍含まれているそうです。
血糖値の上昇がゆるやかになることで脂肪が増えづらくなるため、ダイエット効果があると言われています。

  • 抹茶で虫歯予防

抹茶に含まれる茶カテキンには、消臭効果や殺菌効果があり、抹茶を飲むことで口臭予防や虫歯予防に効果的だと言われています。また、抹茶には歯を強くすることで知られているフッ素も含まれているので、食後の飲み物としてとても適しています。

  • 抹茶のリラックス効果

リラックス効果を施すアミノ酸の一種であるテアニン。抹茶の中のテアニン含量は特に多く、緑茶の10倍と言われています。そしてテアニンは気分をやわらげ、リラクゼーション効果がある上、血行を良くし、体の冷えを改善する効能もあると言われています。

抹茶ラテや抹茶のお菓子をを食べると、リラックスしたり癒やされるイメージがありませんか?それはこのテアニンの効果かもしれませんね。

  • 抹茶の美肌効果

抹茶にはビタミンが豊富に含まれています。特にビタミンCはカテキンと協働してメラニン色素を抑制し、美肌形成に効果があるだけでなく、抗酸化作用や、アルコールの分解を助けてくれる働きもあるそうです。

  • 抹茶のアンチエイジング効果

抹茶には強い抗酸化作用をもつ『ビタミンE』も豊富に含まれています。そしてカテキンには高い抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあるため、動脈硬化などアンチエイジングが期待できると言われています。

  • 抹茶の認知症予防

抹茶には、1g粉末当たり32mgのカフェインが入っています。そしてカフェインには大脳の働きを活性化する効能があり、『毎日飲むことで、認知機能が低下するリスクが減少する。』という研究結果もあります。

  • 免疫力を高める効果

免疫力が低下すると、風邪なども引きやすくなります。
抹茶に含まれる『茶カテキン(エピガロカテキン)』には、身体の免疫細胞マクロファージを活性化させる働きがあることがわかっています。マクロファージの活性化は、体内に入ってきた細菌などを取り除く役割もあり、異物や細菌を取り込んで消化するだけでなく、この情報を記憶することで、次に入ってきたときにすぐ対応できるようになり、それが免疫力を高めることにつながるそうです。
また、抗菌・抗ウイルス作用もあるため、風邪やインフルエンザ予防に効果があると言われています。

<より効果的な飲み方>

カテキンは高温で溶けやすい性質を持っていて、抹茶にも含まれるビタミンCは水溶性で水には溶けやすいですが、熱に弱い性質があります。なのでより効果を期待するのであれば冷水で抽出する「水出し抹茶」がお勧めです。緑茶の場合も同様です。また、水出しすると、カフェインが抑えられ、苦味・渋味も抑えることができます。
我が家では粉末抹茶を水にとかして飲んでいます。濃さも自分で調整できるのでお勧めです。

<私の体験>
この事実は、元々薬に頼る方ではなかった私が、子育てをする中風邪を引き、辛がる姿を見て旦那が勧めてくれました。旦那が元々風邪を引いた時や引き始めなどに実践していたのですが、効果抜群でした。毎回症状が軽い、または一人だけ風邪を引く事を免れてたんです。

私も元々薬に頼る方ではなかったのですが、お茶と言う事で試してみる事にしました。

子供達が保育園や幼稚園に行きだしてからというもの、頻繁に風邪をもらってきて、その風邪は必ず毎回、私に移っていたのですが、抹茶を飲むようにしだしてから1年半は1度も風邪が移りませんでした。

ただ、妊娠をした今、カフェインは控えないといけないため、抹茶も飲まないようにしていたので、今回はしっかり移ってしまいました(涙)妊娠中でもコーヒー1日1〜2杯程度のカフェインなら問題ないとされているので、風邪を引いてから薄めの抹茶を飲んでいます。そのおかげか今の所ひどくならずにすんでいます。

カフェインが含まれているので、子供達に頻繁に飲ませるのはよくないですが、我が家では子供達が風邪を引いてしまった場合に薬の代わりに少し飲ませるようにしています。その効き目は抜群です。

<注意>
身体には良いとは言ってもカフェインが多く含まれるので、妊婦じゃなくても、飲みすぎには注意しましょう!参考までに、風邪の引き始めや風邪の時には1日2〜3杯飲むと効果的でした。

Share this:

-Daily Narabits, Narabits Beauty, Narabits Health

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性に嬉しい栄養素たっぷり!チアシードの効果・効能のご紹介

メディアなどでもよく取り上げられる健康食品『チアシード』 「なんとなく健康だということは知っている」という方も多いのではないでしょうか?海外でも注目を浴びているチアシードですが、実際どんな効果・効能が …

『栄養が取れる』のキャッチフレーズに騙されてる?!シリアルが不健康な理由

欧米では朝食の定番とも言えるシリアル。手軽で健康的なイメージから今となっては日本でも、朝ごはんやおやつの定番としている家庭も多いのではないでしょうか? 子供達も好んで食べてくれるし、栄養が取れそうな事 …

女性なら誰しも持っているお肌トラブル

皆さんはご自身のお肌で気になるところはありますか?私は現在3人目の子供を妊娠中で、増えるシミにすごく嫌気がさしてます。 妊娠中はシミができやすいと言われていますが、その原因は、妊娠状態を維持するための …

What’s Vegan?ヴィーガンってそもそも何?

ヴィーガン(Vegan)と聞くと、動物愛護や宗教的思想背景が強そうなイメージで、日本ではまだ自分とは無縁と感じる人たちが多いのではないでしょうか? ヴィーガンとは良く聞くベジタリアン(Vegetari …

オリーブオイルでクレンジング?お勧めホームメイドコスメ

過去の記事で、化粧品には『酸化防止剤、合成香料、漂白剤、防腐剤などの添加物」など数え切れないほどの化学物質が含まれている。というお話をしました。⬇︎ 知らなかった!あなたのスキンケア選び …